以前よりデカフェがおいしくなってきたのはなぜ?

最近何かと話題のデカフェですが、どのような効果があるのでしょうか?基本的にカフェインレスコーヒーのことをデカフェと言いますが、通常カフェインの効能は覚醒、集中力アップ、新陳代謝を上げるなどあります。その反面飲みすぎによる胃の荒れ、高血圧、中毒性があり、妊婦への影響は特に要注意とされてます。そのたえめ、カフェインを抑えたいけれど、コーヒーを飲みたい人のためにデカフェが誕生しました。


デカフェはコーヒーの市場でも全体の10%を占めており、大きなマーケットです。

しかし日本ではまだそれほどなじみがなく、どのようなものかは知れ渡っていません。

基本的にデカフェは薄いと言われていますが、それは製法によるところが大きいです。水をコーヒー豆に付け込んで、そこに溶け出した成分を薬品を使ってカフェインだけ取り出しコーヒー豆に戻すのが一般的です。

しかし、カフェイン以外の成分も多く溶けだしてしまい、薬品(ジクロロメタン)を使うためイメージ的にもあまりいい印象ではありませんでした。しかし最近では全く薬品を使わない方法で風味もあまり落ちていないものが出てきました。
スタバではカフェインの抽出に水を使うのですが、薬品を使わずに100%水のみを使っています。



それでも風味や味の落ちるのを防げるノウハウを持っています。

人気上昇中のBIGLOBEニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

水のみを使うということで、フィルターによるろ過が基本的な工程となります。また超臨界流体となった二酸化炭素にカフェインを取り出す方法もあり、薬品を使うより良くカフェインを取り除け、風味も損なわれにくいと最近注目を集めてきています。