カフェインレスコーヒーの良いところ

カフェインレスコーヒーというものをご存知でしょうか。コーヒーで最も有名な成分と言えば、カフェイン。このコーヒーはその名前の通り、コーヒーからカフェインを除いたもので、その中にはほとんどカフェインが含まれていません。

もちろん、カフェインには眠気を覚ます作用など良い効果もありますが、妊娠中には控えた方が良いですし、あまり飲みすぎると興奮状態を引き起こしたり、心拍数が増加したりと、身体に悪い影響もあります。


世界保健機関の発表でも、1日あたりの摂取量の基準が定められているほどです。

ですので、カフェインの摂り過ぎを防ぎつつ、コーヒーの風味を楽しみたい、という方にはぴったりの物と言えます。

そんなカフェインレスコーヒーですが、似たようなものとして、焙煎したタンポポの根から作られるタンポポコーヒーなどの製品もありますが、これらのいわゆる代用コーヒーとカフェインレスコーヒーには、大きな違いがあります。



それは味と風味です。

エキサイトニュースの特徴をご紹介する情報です。

コーヒーの醍醐味と言えば、やはりカフェイン以外ではその味と風味です。


代用コーヒーはやはりコーヒー豆を使っていないということで、コーヒー豆独自の風味とは違ったものとなります。


ですが、カフェインレスコーヒーはあくまでコーヒー豆を使い、カフェインだけを選択的に取り除いているので、コーヒー豆の風味がきちんと感じられるものとなっています。

カフェインの摂り過ぎを気にすることなく手軽にコーヒーを飲めるカフェインレスコーヒー。



どうしてもコーヒーを飲みすぎてしまう人などにお勧めです。